忘れやすい自分のための備忘録、要は「チラシの裏」
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iTunes9の文字化けについて   

やっぱり文字化けは困るのでいろいろ調べてみたところ、
Windows XP および Windows Server 2003 向けJIS2004 対応 MS ゴシック & MS 明朝フォントパッケージ

こいつが原因のようです。
アンインストール以外の解決方法をいろいろ研究してみましたが、ことごとく失敗orz
UserAgentが"iTunes/9.0.1 (略) AppleWebKit/531.17"となっていることや、Safari4の文字化け記事を見ると、どう考えてもWebKit、もしかしたらCoreGraphicsがやらかしてるみたいです。

今のところアンインストール以外の暫定的な解決方法はレジストリを弄るしかないようです
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Fonts]
"MS ゴシック & MS Pゴシック & MS UI Gothic (TrueType)"="msgothic.ttc"

とりあえずこれで様子を見てみます。

今後のアップデートで文字化けが改善された場合は

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Fonts]
"MS ゴシック & MS Pゴシック & MS UI Gothic (TrueType)"="msgoth04.ttc"

で元に戻してください。

余談
Shiftキーを押しながらメニューの "詳細(A)" -> "AAC(インポート設定によって変わる)に変換(V)..." をクリックするとファイルを開くダイアログが表示されるので、iTunesが対応しているファイルを選択すると元のファイルをライブラリに追加せずにファイル変換とライブラリ登録をしてくれます。
例えば
hoge.mp3という320kbpsのファイルを入手したけど、shuffleには容量が大きいので
AAC 128kbpsにするとき、普通は
  1. hoge.mp3をライブラリに登録
  2. ファイル変換
  3. hoge.mp3をライブラリから削除
としますが、
Shift使うと
  1. hoge.mp3を選択 -> ファイル変換開始
で完了します。
地味に便利です。
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://nortel.blog93.fc2.com/tb.php/9-6df9e247
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。