忘れやすい自分のための備忘録、要は「チラシの裏」
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
USBメモリ紛失   
どうでもいいことですが、USBメモリを紛失してしまいました。
使ってたメモリはGreenHouseのGH-UFD16GDZというメモリで、シーケルシャンリードが早いデータ持ち運び専用メモリでしたが、レポートとかの重要なデータが入っていたのでかなりの勢いで困ってますが、見つかるかな?
スポンサーサイト
Windows 7発売   
10月22日にMicrosoftの新OS、Windows7が発売されました。
いうまでもなくVistaの改良版で、Vistaで不評だった点の改善や、Mac OSXのパクリのような機能が搭載されているみたいです。

改良されているから買いか?

と聞かれても私としてはNo、今XPが入っているPC使ってて買い換えるならまだ有りですが、Vista持ちで7へのUpdateはほとんど変化はないでしょう(2万の価値はないように思う)。
少なくともSP1が出るまでは待ちましょう。
各サイトで7が持ち上げられていますが、それらの評価はどれも7は素晴らしい。で埋まっていますが、本当にそうでしょうか?
さまざまなサイトで取り上げられていない長所を考えてみた。

  • サポート期間がVistaやXPより長い(当たり前)
XP 2014年4月8日(延長サポートフェーズ)
Vista HB/HP/Ult 2012年04月10日(メインストリームサポート)
Vista Biz/Ent 2017年04月11日(延長サポートフェーズ)
7 HP/Ult 2015年1月13日(メインストリームサポート)
7 Pro/Ent 2020年1月14日(延長サポートフェーズ)
  • 次期OS(本当のWindows 7)が発売されるのは(XP -> Vistaのように)結構後になることが予想されるので、Vistaはどうなるか分からないが、確実にXPは切り捨てられる。その分安心。
  • セキュリティーの観点からは誉められないが、UACが緩くなったので、Vistaよりは鬱陶しく感じにくくなった。
  • 内部はVistaに酷似しているのでVista -> 7の対応が容易
これ以上見つかりませんwwww


逆に長所として取り上げているが、過大評価されすぎているもの。
  • XPMode
たいそうな名前が付いているが、要するにXPがインストールされたVirtual PC 2007のカスタム版。
どっかのサイトが紹介しているような万能マシンでも無ければ、手軽に使えるものではない。
当たり前のことだが、仮想XPと7はほぼ独立している。従ってファイル管理等が面倒になる。
他にも、レガシーアプリのために7とXPを行ったり来たりしないといけない為、7で行っている作業やアプリがXPでも行えるなら、「そもそもXPでやったら?」ということになりかねない。
それにVirtual PC2007はフリーで公開されているため、XPModeと全く同じにはならないが、XPやVistaでも近い環境は構築できる。
最大の弱点はドライバである。いくらアプリが仮想XP上で動いても、7用のドライバが提供されていないハードウェアは7でも仮想XPでも動作しない。
  • パフォーマンスの向上
7はVistaよりもパフォーマンスが向上したと言われていますが、一概には喜べないようになっています。
7のパフォーマンス向上の主な手段は機能の削減とメモリ使用量の削減。
CPUやメモリのリソースが少ないネットブックなどにとっては利点ですが、最近のPCには寧ろデメリットに近い方法でメモリを削っているので、高性能PCではVistaの方がパフォーマンスが良いと感じる可能性もある。

凄まじくWindows 7を批判しているような内容になってしまいましたが、それだけ7に期待しすぎていたのかもしれません。
年末に新しいPCを作ろうと思っていますが、OSはVistaSP2を計画していますw
Qcam S 7500を買ってみた   
ARToolKit目的でQcam S 7500 with Headsetを買ってみました。4200円也。
Qcam S 7500

箱とかサイトには書いていませんでしたが、UVCとUACに対応しているみたいなのでドライバ入れなくても使えるようです。 もちろん入れていませんwww

ここからは適当なレビュー
動画部分
設定できる解像度
  • MJPG
160x120 30fps
176x144 30fps
320x240 30fps
352x288 30fps
640x480 30fps
960x720 15fps
  • YUY2
160x120 30fps
176x144 30fps
320x240 30fps
352x288 30fps
640x480 30fps
960x720 10fps
1280x960 7.5fps

画質
  • 少ない解像度を選択しても、何かしらの縮小処理をしているということはなく、間引いているような感じ。
  • CMOSだからか、カメラを早く動かすとふにゃふにゃする。
  • 暗いところでの撮影は苦手っぽい。結構ノイズが乗る。
音声部分
  • 44100kHz 16bit(設定できない?)
  • マイクの音量は設定できる。
  • 意外と感度はよい。

静止画部分
  • 常駐ソフト(ドライバ)が入ってないからか、横のボタンは反応無し。
  • AMCAP使ってるときはちゃんと撮影できてデスクトップにJPGファイルが置かれる。
  • 画質は…良くはない

負荷
  • AMCAPでの負荷はMJPG最大解像度でもPen4 3.0GマシンでCPU使用率15%くらい。
  • 思ったほど重くはない。

気になること
  • 光の量(?)が足りないときに、フレームレートが低下する。
  • 動画と音声が0.5秒ぐらいずれる。(音が遅れる)
  • 焦点が合う範囲(?)がそんなに無いので、ピント合わせは重要
初めてのWebカメラでしたが、まあまあ満足です。
ATH-CKS50のその後とAviraの日本上陸   
個人的には低音が強すぎたATH-CKS50ですが、(自己満足の)エージング後にイヤピースをSサイズに変えるとある程度低音が収まっていい感じになりました。

さて、Microsoftから無料のアンチウイルスソフトMSEが出たり、Aviraがやってきたりとアンチウイルスソフト業界が活気づいているようです。
そこでAviraのサイトを見ると、日本語のページがすでに出来ていました。
そこに、サポートフォーラムスーパーバイザーのアルバイト募集がwww
もしかしたら、申し込んでみるかもしれません。
ATH-CKS50BKを買ってみたが…   
学校帰りに駅近くのデオデオに寄り道。
最近iPod付属のイヤホンがへたってきたので、イヤホンコーナーを物色すると見つけたATH-CKS50BK
豊かな低音、1.2mのコード、手頃な値段とのウリに気がつくと買っていた。3184円也

帰りの汽車の中で早速iPodにつないで試してみました。
確かに低音は強い いや、強すぎる
iPodにあるEQのBass Reducerを使わないと頭が痛くなるほどの低音が出ます。
Bose好きな人ならきっとハマるでしょうが…

ってなわけでエージング中(ええ、自己満足ですw)
ATH-CKS50BK

気が済むまでエージングしても聞きづらいままなら、もしかしたらお蔵入りかもしれません。
                              
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。